八田與一氏との奇縁
八田與一 (はったよいち) 氏は、日本統治時代に台湾で烏山頭(うさんとう)ダムを建設した人物で、日本より台湾で良く知られ、尊敬されています。ご存じない方は是非ウィキペディアを御覧ください。他にもネット上には八田氏に関する情報がたくさんあります。

八田氏と飯盛が旧制第四高等学校で同期であったことは、いくつかの資料に出ていますが、ある時期クラスが同じで、しかも席が隣同士であったことを、生前の飯盛から親族が聞いていたことがわかりました。

そこで改めて資料を精査したところ、雑記帳の中に旧友のリストがあり、その中に八田氏の名前がありました。どのような交流があったかまでは判りませんが、友人であったことが確かめられました (このリストに載っているのは、第四高等学校時代だけでなく、東大時代、理研時代の人も含まれているようです) 。

奇縁というのは、金沢ふるさと偉人館でも八田氏と飯盛は、展示が隣り同士になっていることです。

戻る